読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy it !

もなねこのプログラミング記録や意見など

個体値厳選よりも大事なこと、忘れてませんか【ポケモンSM】

Pokemon ゲーム Others game

f:id:regurusu7777:20161126210116p:plain

近況報告

 ポケモンSM、2つ目の島が終わるくらいまで進めた。多分遅い方だろう。ブログを書いていないからさぞかしやっているんだろうと思われているかもしれないが、本当にポケモンをする時間がとれない(その代わりシャドバやる時間はあるらしい)。

 

 周りの連中は厳選に夢中だ。厳選が楽しい作業だった記憶は全くないが、人が厳選していると自分も早く混ざりたくなる。ドMのつもりはないのだけれど。

 

性格補正って大事なんだよ

 ところで、厳選している友人を見て思ったことがある。それが「個体値を厳選して性格の厳選をしていない」ことだ。厳選をしたことがある人ならこれが如何に謎行動なのかわかるだろう。

 

 何が可笑しいのかわからない人のために少しだけ解説する。ポケモンの能力値には様々な補正がある。厳選という言葉は広く浸透していると思うが、この言葉には(個体値の)厳選という意味が含まれている場合が多い。個体値というのは0~31まであり、厳選をしている人々は全ての能力値が31もしくは一部を31にしようと頑張っているのである。

 

 では個体値によってどれくらい能力値が変わるのか。これは厳選する前に知っておくべきことだろう。しかし、おそらく私の周りにこれを答えられる人はいない。皆「厳選はとりあえずするべきもの」と考えているのである。その証拠に先ほど言ったように厳選の順序が滅茶苦茶になっている。

 

 能力値の計算式はこうだ。(HPだけは少し違うので注意)

 

能力値={(種族値×2+個体値努力値÷4)×レベル÷100+5}×性格補正

個体値・努力値とは? - ポケモン徹底攻略

 

 ではこれをもとに少し計算をしてみよう。気になる人は計算機を取り出して一緒に計算してみると良いだろう。余談だがWindowsで電卓はcalcと打てば出るので覚えておくと便利だ。

 

 計算を簡単にするために次のように設定した。

 

 種族値=100 , 個体値=0 , 努力値=0 , レベル=50 , 性格補正=なし(1)

 この場合は能力値={(100×2+0+0÷4)×50÷100+5}×1となるので能力値は105となるはずだ。

 

 次は個体値を31にして計算する。

 能力値={(100×2+31+0÷4)×50÷100+5}×1より120.5になるだろう。つまり個体値が0の時と比べて能力値が15.5だけ上がったことになる。確かに15違えば勝負を左右する程度の差が出るため、個体値厳選はするべきだと言えるだろう。ちなみに計算式を見ればわかるが、レベルが上がるほどその差は大きくなる。

 

 次は個体値を0、性格補正を入れて(1.1)計算してみよう。

 能力値={(100×2+0+0÷4)×50÷100+5}×1.1=115.5となる。

 

 次は個体値を0、性格補正を引いて(0.9)計算してみよう。

 能力値={(100×2+0+0÷4)×50÷100+5}×0.9=94.5となる。

 

 さて、これ3パターンの性格補正で計算が出来たので比べてみよう。

性格補正+ ・・・115.5

性格補正なし・・・105

性格補正- ・・・94.5

 

 性格補正によって最大21の差が生じている。先ほど言ったように個体値はレベル50のとき最大15.5の差が生じるわけだから、優先するべきは性格補正であることがわかるだろう。

 

 さて、せっかくなのでもっと数値が大きい場合も考えてみる。例えば大正義ガブリアスのAを計算したい。つまり今回の種族値は130だ。さらに努力値も最大まで振ろう。ASぶっぱのガブにゃんは珍しくないどころかゴロゴロいるのでこの計算は有意義だろう。

 

ガブにゃんの計算をしてみよう

 個体値で分けたパターン

 種族値=130 ,  個体値=0 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正なし

 能力値={(130×2+0+252÷4)×50÷100+5}×1=166.5

 

 種族値=130 ,  個体値=31 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正なし

 能力値={(130×2+31+252÷4)×50÷100+5}×1=182

 

 性格補正で分けたパターン(個体値0)

 種族値=130 ,  個体値=0 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正1.1

 能力値={(130×2+0+252÷4)×50÷100+5}×1.1=183.15

 

 種族値=130 ,  個体値=0 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正0.9

 能力値={(130×2+0+252÷4)×50÷100+5}×0.9=149.85

 

 性格補正で分けたパターン(個体値31)

 種族値=130 ,  個体値=31 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正1.1

 能力値={(130×2+31+252÷4)×50÷100+5}×1.1=200.2

 

 種族値=130 ,  個体値=31 , 努力値=252 , レベル=50 , 性格補正なし

 能力値={(130×2+31+252÷4)×50÷100+5}×0.9=163.8

 

 つまりASぶっぱのガブリアス個体値だけを厳選した場合には最大15.5の差が起きる。これは先ほど計算したものと同じだ。

 そして個体値が0の時に性格補正による差は最大で33.3となる。先ほどより大きな差になっている。ポケモン種族値努力値によって性格補正がさらに重要になっていることがよくわかる。

 最後に個体値が31の時の性格補正による差は最大で36.4となる。やはりポケモンが強くなるほど性格補正は重要だ。

 

 さて、ここまでの計算でわかったはずだ。そう、能力値の変化は個体値よりも性格補正の方が大きいのである。それにも関わらず(個体値の)厳選だけをして性格はまるで考慮しない人々がいるというのはなんとも悲しい話である。当然私は性格補正の方が重要だよと優しく声をかけるわけだが、そういう人に限って聞く耳を持たない。私は一向にかまわないのだが。

 

 こうしたことが起きているのはおそらく、動画を観てポケモンを知った気になっている所謂エアプ層が増加しているからだろう。実際私も通った道だ。ポケモンの実況動画を観て「面白そう!レートなんて余裕だろw」とかほざきながら潜ったレート戦は1500から不動だった。しかもその時使ったポケモンWikiのテンプレだ。使い方も分からないくせにポケモンの強さだけに頼った末路である。

 

 今では「それなりに」理解しているからこそこうやってエアプ乙とか言えるわけだが、これは笑いごとではない。初心者にとって大切なのは厳選することではなくて勝つことなはずだ。しかし正直に言おう。厳選の順序も分からない(要はそれくらいの知識しかない)上にレートには潜ったことがない人はそう簡単に上位にいけない。

 

 もちろん上位に入れるような「ゲームがうまい人」も一定数いるわけだが、それはまた別の話。プレイスキルもない、知識もない人が勝負に勝つことなどまず無理なのだ。

 

 ここまで頑張って計算してこういう結論付けにするのは癪なのだが、とにかく勝負に勝ちたいなら「知識をつけろ」そして「レートに潜れ」。この2つだろう。

 

 厳選はその後だ。厳選というのはプログラミングと同じように(例えが悪いかもしれないが)手段であって目的ではない。ごくまれに厳選が目的な人もいるが大多数は勝ちたいから厳選をしているはずだ。じゃあ個体値厳選より前にするべきことが沢山ある。

 

最後にまとめよう。

1.個体値よりも性格を重視

2.勝ちたいなら勝負しろ

3.知識の差で勝負が左右されることを忘れるな

 

以上だ。この3つさえ守れば必ず初心者から脱出できるはずだ。君が勝負に勝てることを祈っている。

広告を非表示にする