C#の勉強法に王道はないのだろうか

朝から悩んでいることがある。

それがC#の学習方法だ。

 

コレジャナイ感の書籍

 

C#についてはど素人なので当然のように入門書を探していたのだが、どれもパッとこない。例えばこれ。

 

猫でもわかるC#プログラミング

 

 「猫」というキーワードにそそられたので、大学で借りてパラパラと読んだ。そしてもう一度表紙に目を落とす。「猫でもわかるC#」。嘘つけ。

 

いや、別に説明がわかりにくいというわけではない。むしろよくある入門書で、ただただ読み進めるだけである程度理解できるんだろうなと思った。

 

違和感を感じたのは「難易度」ではなく「面白さ」だった。

 

まずサンプルコードがつまらない。おい、これ何に使うんだと言いたくなるような退屈な例題にモチベーションが悲鳴をあげた。何が面白いサンプルかと聞かれると答えにくいが、もう少し気の利いた説明があったのではないだろうか。これ、絶対初心者挫折するだろ…と呟きながら返却した。

 

じゃあプログラミングの王道に頼りますか。と、日本語訳verのオライリー書籍を検索した。見つけた。

 

プログラミングC#

 

5000円か…まあページ数めちゃくちゃあるし、しょうがないなと思ってレビュー(Amazon)を読んだら悲惨だった。

「日本語訳がひどい。」「イライラする。」「思わず原著を買った。」

 

長年愛されているオライリー本だといっても、さすがにこの酷評を読んで5000円を旅立たせるには度胸がいる。学生にとって5000円は貴重なのだ(1か月の昼食代に匹敵すると言えばわかりやすいだろうか)。

 

プログラミング界のBOSSであるオライリーさんが撃沈したので他の書籍を探さなければならない。

 

結局のところ

今気になっているのは下の2冊。 

 

独習C#

 

知ってるぞ、あの厚いやつだろ。これのPHPを置かれているのをよく書店で見る。翻訳されたものだと知ったのは最近だったが。

評価も悪くないので今のところ購入可能性が高め。欠点は少し高価なことと敷居が高そう(イメージ)なところ。

 

C#ポケットリファレンス

 

こちらもお馴染みポケットリファレンス。最近、入門書の代わりにわかりやすいリファレンス買えばなんとかなるのでは…?と思い始めた。

初歩的なことは検索すればいくらでも出るし、動画だってある(C#の動画は少ないけれど)。それらを頼った後にリファレンスをざっと読めばなんとなく使えるのでは説が私の中で浮上している。

といっても実践したことはないのでそんな勉強をしたことがある人がいたらぜひ教えてほしい。

 

 あとがき

オチなしHow toなしの駄文にここまで付き合ってくれてありがとうございます。いやあ、本当に悩んでるんですよ。Javaなんかは優秀な書籍が沢山あるので勉強しやすいのですが、C#の書籍は評判悪い悪い。どうしようかなあという次第です。

 

すぐにC#が必要になるわけではないので今のところ保留なのですが、そのうちやってくる壁なので早いうちに勉強計画を立てておきたいところです。

 

もし皆さんのおすすめ書籍があったら教えてください!以上。