Javaの入門書を一通り終えたのでAndroidアプリを作ろうと思ったら・・・

夏休みが終わる前に、Javaの教材を2冊通しました。そしてクラス、例外処理、ファイル、GUIなどをとりあえず学びました。

 

せっかく学んだ知識。使わなければ宝の持ち腐れです。

 

 

「そうだ!JavaといえばAndroidアプリだ!」

 

 

と思い至り、早速AndroidStudio2をダウンロード。Eclipseでやっても良かったのですが、色々調べるともう古いという意見が多かったのでAndroidStudioで開発することにしたわけです。

 

 

ダウンロード完了。初期設定も終わり。

 

 

「さあ、やるぞ!」

 

 

と、意気込んだのも束の間。最初に出てきたのは謎のMainActivity

 

 

 

誰だお前。

 

 

 

ようこそ(Hello,worid!)と言いたげに画面中央に鎮座しています。

 

いや、本当に誰なんだ君は。一回も教材の中で出てこなかっただろう。

ふとその下を見ると突然の@Override

 

 

 

わけがわからないよ。

f:id:regurusu7777:20160901223142j:plain

出典:http://eadgbe-2104.com/2014/10/07/post-2478/

 

 

まあ、いい。きっとandroidアプリを作るときに使う特殊なルールみたいなもんなんだろうと無理矢理納得。とりあえず手元にAndroidアプリ開発の教材がないので、インターネットで調べることに。

 

 

すると、出るのはほとんどEclipseの開発について。ふ、古いって聞いたんですけどおおお!?AndroidStudioはそんなに最近なのでしょか…(いや、そうではないはず)。

 

 

探しまくって辿り着いたのが、この神サイト。

動画+文字でわかりやすくAndroidStudioの使い方がわかる神サイト。

3分で学ぶ Android Studio – ハコニワ デザイン

 

 

3分とか言いながら倍以上の動画時間があったりする、おちゃめな側面もあります。

とにかくぱぱっと視聴。

なんとなく使い方は覚えました。感謝感激。

 

 

しかし、ここで肝心なことに気づくのです。

そう、アレです。

 

 

 

 

Javaはいったいどこ?

 

 

 

 

UIの使い方は大体わかりました。マウスでシュインッってすれば配置したい場所にボタンを設置できますし、いざとなればXmlとかいう謎の文字列で記述すればいいのです。

 

しかし、私が知りたいのはそこではないっ!

 

今まで勉強してきたJavaはどこで使えばいいの?

そもそもどこに記述するの!?

 

 

てゆうかそもそもXmlってなんやねん。

 

 

UIはJavaで記述するんじゃないんかい。なんでGUIで覚えたんやワレ…。

 

 

 

わけがわからないよ…。

f:id:regurusu7777:20160901224053j:plain

出典:http://eadgbe-2104.com/2014/10/07/post-2478/

 

 

 

Androidアプリを製作するにはまだまだ時間がかかりそうです。 Bad End…

広告を非表示にする